最終更新日2014年03月20日
 


 

telefono


Tokia Esperanto-Klubo
(TEK)

Daikan Plaza A-419 7-1-7 Nishishinjuku Shinjukuku Tokyo 160-0023 
Japanio
tel: +81-3-3364-4957


東京エスペラントクラブ(TEK)
160-0023
東京都新宿区西新宿
7-1-7
ダイカンプラザA419
電話 03-3364-5443

e-mail: ZTD02737@nifty.com

   

 

 

―東京エスペラントクラブのホームページへようこそ!―
 

お知らせ
TEKのHPアドレスが8月21日から以下に変更になりました。 多くの方々にご訪問いただけるよう努力いたします。よろしくお願い致します。
新しいアドレス:esptek.travel.coocan.jp/  

【講師プロフィール】 (詳しくはクリックください)


102-a Universala Kongreso De Esperanto
Seulo
第102回世界エスペラント大会
――2017年7月22日~7月29日 於ソウル――
第102回世界エスペラント大会 TEK-カラヴァーノ 
La espero leviĝas en Seulo
第102回世界エスペラント大会.
7月22日~29日, 2017
今年7月22日から韓国のソウルで第102回世界エスペラント大会が行われます。
日本と韓国は隣国であり長い年月にわたり交流が行われてきました。韓国は、先進文明が生まれた中国に陸続きであり、日本は韓国・朝鮮を通じてさまざまな文化を受け入れて来ました。百済から4世紀に漢字を、6世紀には仏教を受容しました。仏教の移入により飛鳥時代に飛鳥寺や法隆寺が建造されました。平城京の奈良時代、平安京の平安文化は律令制国家が継続しました。鎌倉時代に済州島を基地として、元と高麗が元寇として日本を攻め、安土桃山時代に秀吉が朝鮮に侵攻しました。家康は李氏朝鮮との国交回復を望み、日本の銀、中国の絹などの貿易も行われました。朝鮮通信氏が12回日本を訪れています。このように日本と朝鮮の間にはさまざまな交流があります。現在、韓国と日本は必ずしも円滑な交流がありませんが、この機会に少しでも良いコミュニケーションを図ることが望まれます。
日本と韓国の間は時差もなく、飛行機で約2時間の距離です。世界大会に始めて参加される方も気楽にご参加下さい。多くの方々の参加をお待ちしています。
世界大会会場  TEK-Postkongreso(済州島)
Sekai Post
ご旅行代金 (  )はお一人部屋追加代金

コース・日程

Aコース:大会のみ8日間
7/22(土)~7/29(土)

Bコース:大会+済州島10日間
 7/22(土)~7/31(月)

ご旅行代金
(1人部屋)

¥145,000
(¥39,500)

¥236,000
(¥59,500)

日程表/A・Bコース

7/22(土)

OZ-1055便(アシアナ航空)
09:00 羽田空港発      11:20  金浦空港着
着後専用車でご宿泊ホテルへ
ホテルに荷物を預け地下鉄で大会会場へ
Kongreskarto,Kongreslibro等の資料を受け取ります

ソウル泊

―・―・―

7/23(日)

7/28(金)

大会開会式に出席、講習、分科会、遠足等、 さまざまなプログラムで大会をお楽しみください。
プログラムはKongreslibroでご確認ください。

朝・―・―

ソウル泊

 

Aコース・8日間

Bコース・10日間

 

7/29(土)

10:00  閉会式に出席(終了後、帰国の途へ)
専用車で空港へ
18:20 金浦発
21:30 羽田着(着後解散)

10:00  閉会式に出席(終了後、済州島に出発
16:00 金浦発
17:05 済州島着
到着後、専用車で宿泊ホテルへ

朝・―・夕

済州島泊

7/30(日)

 ――――――

済州島1日観光
韓国では最南端、日本からは九州の西方に位置しています。1年中温暖な気候に恵まれ、海岸沿では断崖絶壁から流れ落ちる滝や奇岩など自然の景観が楽しめます。李朝時代に韓国に統合される以前は耽那国という独立した国だったので韓国の中でも、独特の文化や風習が残されています。三姓穴、観徳亭、紗羅峰、竜頭岩,五賢壇、万丈窟、城山日出峰などを観光をします。

朝・昼・夕

 済州島泊

7/31 (月)

  ――――――

出発までフリータイム
専用車で空港へ
17:05 済州島発 18;10金浦着
19:50 金浦発  21:55羽田着
着後解散

朝・―・―

■ご旅行代金に含まれるもの:飛行機代金(羽田・ソウル間のエコノミークラス往復)、ホテル代金、食事代金(A=朝7回、B=朝9回、昼1回、夕2回)、無料託手荷物2個(縦、横、高さの和が158cm以内、重量は23kg以内)、団体行動中のドライバー・ガイドへのチップ、団体傷害保険

■ご旅行代金に含まれないもの:旅券取得代金、電話・電報・クリーニングなどの個人的費用、手荷物超過料金(規定以上超過の場合追加代金)、空港使用料、燃油代金、各都市空港税など航空券発券に伴う料金、任意の傷害保険代金、1名1室希望の方は追加代金、自宅から集合場所までの交通費及び宿泊代金、地方発着を希望される方はアドオン料金、エスペラント関係の費用

BultenoKongresloko
2017年の世界エスペラント大会は、お隣の国・韓国のソウルで行われます。
韓国での世界大会は第79回の大会(1994年)がソウルで初めて行われました。
Jarlibroによると参加者は1776名でした。その間アジア大会はおこなわれましたが、世界大会は2回目です。  TEKでは、大会参加のためカラバーノを組織します。大会のみのコースと、TEK-Postkongresoを、済州島と慶州の2コース設定します。  カラバーノの案内は、2017年2月頃お送りする予定です。ご希望の方は、メールでお申込下さい。準備が出来次第お送りします。
TEK(東京エスペラントクラブ)旅行担当/大場滋子
Mangxagxo Mangxagxo
Kongresmapo

世界のホテル 24時間オンライン予約**

ホテルオンライン予約

 

 

 アジアエスペラント大会はアジアの運動の強化とアジアのエスペランチストとの交流を目的として、3年に1回、アジアの国で開かれています。
第1回は1996年に上海で、続いて、ハノイ、ソウル、ネパール、バンガロー ル、エルサレムで開催されました。今年は中国に戻り、福建省泉州市、アモイ市から70kmのHAUQIAOホテルが大会会場です。 泉州市は夏、商、春秋戦国時代から知られる港湾都市です。元の時代には海 のシルクロードの拠点として中国人のほかにペルシャ人やアラブ人も居住して繁栄した国際都市でした。マルコ・ポーロの「東方見聞録」に登場しています。近くには華僑の故郷といわれる廈門市(アモイ市)があります。 主催はKAEMとĈEL(中国エスペラント連盟)です。第5回東アジアILEI セミナーも同時に開催されます。
  TEKではカラバーノを企画しております。大会参加希望の方はご連絡をお待ちしております。パンフレットは8月25日頃完成の予定です。

LA SUNO PACIFIKA
2010年10月号/ ENHAVO

2010年度ザメンホフ祭
ーー東京・埼玉・武蔵野・TEK支部ーー
編集部
第95回世界エスペラント大会(ハバナ)
S-ro Zaleski - Zamenhofのメッセージ
編集部
10月のOra Kunsido 編集部

ナディアとともに(22)

大庭 篤夫
国際協力って何語でするの? 大庭 篤夫
世界の料理(40) ノス 明子
TEKのページ 編集部

購読希望者は一部200円、年間2000円

 





エスペラントが今なぜ必要か?

 日本語は約1億3000万人の人が使っています。グローバル化の進展によって、さまざまな情報を得たり、ビジネスを行うために日本語以外の外国語が必要 になっています。その場合、多くの人は英語が重要だと考えるでしょう。確かにそうですが、英語を絶対視することは、いくつかの点からお勧めできません。
エスぺラントの精神は「自国の文化を愛するが他国の文化も尊重する」ことにあります。

続きを読む





Linio

Zamenhofa festo 2012

Mi havas la plezuron saluti vin okaze de la zamenhofa festo por la jaro 2012. Antaŭ 125 jaroj Esperanto estis publikigita.Ĝis nun ,do,5 kvaronjarcentoj pasis.Mi retrospektos tiujn kvin kvaronjarcentojn..

Ⅰ。La unua kaj dua kvaronjarcentoj (1887~1912~1937)
En 1905 launua universala kongreso okazis..En 1906 JEA〈Japana Esperantista Asocio〉estis fondita de Kuroita Katumi kaj aliaj
La unua japana kongreso okazis. En la venonta jaro la centa japana kongreso,kiu okazas en Tokio Pri tiu Kongreso S-rino Isxikaŭa parolos
En 1907 UEA fondiĝis.
En 1912 la oka kongreso en Krakovo,kie Igor kaj Nadia naskiĝis
En tiu kongreso Ludviko Zamenhof petis la kongresanojn pri lia retiriĝo el la oficiala gvidantaro de la movado..
Li diris :”De la nuna momento vi ĉesu en mi vidi Majstron”
Li deziris partopreni kiel unu ordinara partoprenanto en la kongreso.
Li senlace laboradis por Esperanto Li elĉerpiĝis.

En 1920 JEI estis fondita。Ankaŭx TEK

Ⅱ。La tria kaj kvara kvaronjarcentoj(1937~1962~1987)
En1945 la 32a japana kongreso okazis en decembro.La dua mondomilito finiĝis en Aŭgusto kaj jam  en decembro esperantistaj antaŭuloj okazigis japanan kongreson.Kiel ili sopiris al denova komenco de Esperanton.
En 1949  Ilei estis organizita. (Internacia ligo de esperantistaj instruistoj)
En 1965 Universala kongreso okazis en Tokio. Ĝis tiu jaro ĉiuj universalaj kongresoj okazis nur en Eŭropo kaj Usono ,neniam en Azio.

Ⅲ.la kvina kvaronjarcento (1987~2012)
En 1887 en Varsovia U.K okazis..
Ĝuste en tiu jaro Nova TEK komenciĝas TEK ekeldonis La sunon Pacifikan.
Kio estas necesa por disvastigi Esperanton.Diversaj kapabloj estas necesaj.
Ili estas lingva kapablo,instrua kapablo enhavokapablo,organiza kapablo,propaganda kapablo k.t.p.
 TEK esploris kaj esploras kiel bone eduki.La kurso por estontaj kursgvidantoj celas flegi personojn,kiuj estas bonaj instrui Esperanton.
Kutimaj kunsidoj de TEK estas arĝentaj kaj oraj kunsidoj.
Arĝentaj kunsidoj rilatas al lingvokapablo kaj enhavokapablo de la parolo kaj la skribo. Oraj kunsidoj rilatas ĉefe al enhavokapablo de la parolo.

En la antaŭlasta jaro s-ro Tukimori aliĝis al TEK.Lia lingvokapablo tre rapide kreskis.TEK,do,komencis altan klason,kiu celas ne nur lingvokapablon sed ankaŭ enhavokapablon.Por fari tekstojn kiel instrumateralojn TEK uzis historian de Egiptio,Grekio kaj Romio.
Lastatempa karakterizo estas informa teknologio Ĝi estas tre grava.En GOOGLE estas vikipedio.Tio estas tre utila por fari materialojn por alta klaso.
 TEK klopodos altigi diversajn kapablojn de la membroj kaj fari esperanton pli konata.

 






Linio
世界各都市のエスペラントクラブご紹介

Munkena  Esperanto  Klubo
(ミュンヘンエスペラントクラブ)
毎週木曜日の19時より中央駅近くのTrinkejoの1室を借りきり会合を行っています。毎回あるテーマにそって講演を行っています。たまに外国からのお客様もいらっしゃいます。

7 月17日にはTEK会長がミュンヘンエスペラントクラブの会合を訪れました。UK直前ということもあり、集まったエスペランチストは少なかったですが、会 合の後にはミュンヘンエスペラント会の会長Fritz Hilpert氏とミュンヘンで一番有名な居酒屋ホフブロイハウスへと出向き、エスペラントの夕べを楽しみました。
Munkena Esperanto-Junularo
(ミュンヘン青年エスペラント会)

毎週火曜日の19時30分から22時頃までミュンヘン南西部の集会所に集まってエスペラントを使ってゲームをしたりしています。たまの日曜日には季節に合わせてサイクリングや山登り、バーベキューやそりすべりなどを皆で楽しんています。
 




★初めての方のためにエスペラント教室のご案内



 TEK 主催・エスペラント勉強会:
 Lernokursoj :

現在TEKでは下記の各支部にてエスペラント語の勉強会を行っております。
勉強会は会話が中心で、参加者は必ず話せるようになります。
いずれの支部も、入会金 2,000 円、会費 1,500 円 (1ヶ月) です。

お問い合わせ お申し込み: 電話03-3364-4957 (午前10時~午後6時)
E-mailでお問い合わせの方はこちらから

エスペラント勉強会のスケジュール
Plano por lernokursojn



  




  La Suno Pacifika / 会報 ラ・スーノ・パツィフィーカ
  Kampanjo por la Zamenhofa Parko / ザメンホフ公園キャンペーン
  Staboj / TEK役員紹介
  Informo / TEKからのお知らせ
  Fotogalerio / フォトギャラリー
  Lernolibroj / エスペラント関連書籍のご紹介
  Ligoj / リンク集




初めての方に~TEK の活動のご紹介 / Pri Tokia Esperanto-Klubo

 

  エスペラント勉強会:
 
 Lernokursoj :
東京エスペラントクラブ(TEK) では各支部にてエスペラント語の勉強会を行っております。勉強会は会話中心で、毎回きちんと参加していれば必ず話せるようになります。2007 年に横浜で開催されるエスペラント世界大会を目標に頑張りましょう 。

会話教室参加者の皆様とクルツ氏
   
  アルジェンタクンシード:
 
 Arĝenta Kunsido:
アルジェンタ・クンシードとは-エスペラント語学能力の向上のためには、エスペラント語でしゃべる機会を多くもつことが非常に重要です。そのため東京エスペラントクラブ(TEK )では、定期的に外国人エスペランティストとの会話の場を設けています。

   
  世界大会TEK カラバーノ:
  TEK-Karavano por UK :
東京エスペラントクラブ(TEK)では、毎年世界エスペラント大会へのツアーを組んでいます。

   
  TEK 春・秋合宿:
 
 Lernokongresetoj : 
野方、日暮里、品川など各支部のメンバーや藤原グループとの交流を兼ね、東京エスペラントクラブ(TEK)では、春と秋に伊豆高原にてエスペラント勉強合宿を行っています。この合宿を2007年横浜世界大会への第一歩と位置づけ、2日という短い時間でありながら、約5時間、会話や訳読などの勉強をみっちり行います。

   
  ザメンホフ祭 :
  Zamenhofa Festo :
12月15 日のザメンホフの誕生日を記念し、各地のエスペラントクラブでは12月にザメンホフ祭を開催するのが恒例となっています。東京エスペラントクラブ (TEK)では、毎年ザメンホフ祭に翌年の世界大会の開催クラブ(LKK)からお客様を招待し、エスペラントの普及に努めています。





 エスペラント語とは 
 
エスペラント語とは、19世紀に ポーランドの眼科医ザメンホフによって考案された人工国際共通語です。文法や発音の 簡易さなどから世界中で支持を集め、人工国際共通語としては最も成功しました。エスペラント 使用者(エスペランティスト)は現在世界中で100万人以上、毎年世界各地で大会が開かれます。2007年8月には横浜で世界エスペラント大会が開かれます。各教室で講習会を行っていますので、皆様の参加をお待ちしています。




エスペラント語の創始者・ルドヴィコ・ラザロ・ザメンホフについて

ザメンホフは1859年、ビャウィストク( Białystok )のユダヤ系の 医者の家系に生まれました。当時のビャウィストクはポーランド分割を経て帝政ロシア領となっており、街にはロシア人、ポーランド人、ドイツ人、ユダヤ人ら民族、宗教、言語の異なる人々が住 み、互いに言葉が通じないことから住民同士のいさかいが絶え ませんでした。「どの民族にも中立な共通語を作れば、異なる民族集団の間で相互理解が進み、憎しみや偏見がなくなる。」と考えたザメンホフは、1887年 "Doktoro Esperanto. Lingvo internacia. Antaŭparolo kaj plena lernolibro 『エスペラント博士. 国際語. 序文と完全な学習書』" を出版、人工国際共通語を提案しました。エスペラントとは希望する人という意味で、ザメンホフがペンネームとして用い、 後に言語の名前として定着し ました。

 

2007年には横浜でエスペラント世界大会が開かれます。この世界大会に向けて、東京エスペラントクラブ(TEK)ではエスペラントの普及に力をいれています。皆さんもTEKでエスペラント語を勉強し、世界中 の人々と交流しましょう!勉強会参加ご希望の方、機関紙「La Suno Pacifika 」購読お申し込みご希望の方、その他興味をもたれました方は、お気軽にお問い合わせください。 東京エスペラントクラブ 電話:03-3364-5443 e-mail: ZTD02737@nifty.com