東京エスペラントクラブ (TEK) の
 ホームページへようこそ

 


 

 

telefono

Tokia Esperanto-Klubo
(TEK)

Daikan Plaza A-419 7-1-7 Nishishinjuku Shinjukuku Tokyo 160-0023 
Japanio
tel: +81-3-3364-4957


東京エスペラントクラブ(TEK)
160-0023
東京都新宿区西新宿
7−1−7
ダイカンプラザA419
電話 03-3364-5443

e-mail

   

 

 

La Suno Pacifika




アルジェンタ・クンシードとは−


エスペラント語学能力の向上のためには、エスペラント語でしゃべる機会を多くもつことが非常に重要です。そのため東京エスペラントクラブ(TEK )では、定期的に外国人エスペランティストとの会話の場を設けています。

アルジェンタ・クンシードとは、エスペラント語で『銀の会合』という意味で、1950年代の終わりにTEKの前身グループが銀座で会合を開いたことから、銀座の名前にちなんでこの名前がつきました。1970年代にはTEKの活動は衰えを見せ、故川上憲一氏が若い人材を集めて再建したものの、氏が亡くなると彼らの大半は去っていきました。そこでTEK の組織を維持し発展させるためにに、1980年代に再びアルジェンタ・クンシードが開始されました。

アルジェンタ・クンシードでは、毎回話者とテーマを決め、まず話者が一時間ほどテーマに沿ってエスペラント語で話をした後、参加者が質問をする形式で行っています。

これまでにレザ氏(イラン)、シュミット氏(故人、ドイツ)、トッテン氏(アメリカ)、セジュリ氏(アメリカ)、アルタンツェツェグ氏(モンゴル)、クルツ氏(ドイツ)などの外国人 エスペランティストが常連メンバーとして参加しているほか、ゲスト話者の出身国もポーランド、チェコ、メキシコ、フランス、ガーナ 、ネパール、ベトナムなど多岐にわたっています。

 次回アルジェンタクンシードのお知らせ: 
 Informo pri la sekvanta Argxenta Kunsido:

5月の「Arĝenta Kunsido」:

オーラ・クンシド(Ora Kunsido)

オーラ・クンシド(Ora Kunsido)の新設
TEKのエスペラントの能力を高め、外国人とコミュニケーションを円滑にし、豊かな人生をおくるためにさまざまな試みを行っています。入門から中級、上級までのくらす、高席な内容について聞いたり、質問したり、発表するアルジェンタ・クンシードに参加するには勇気が要ります。そこでアルジェンタ・クンシードへの橋渡しの会合を新設することにしました。
3つの狙い
@エスペラントの会話力をつけ、学習方法のノウハウを知る。
Aさまざまな国の人々と話すためのさまざまな国の文化を知る。
B世界や日本のエスペランチストや世界大会などの会合を知る。
開催日時・場所・会費
日時:毎月第3火曜日午後2時30分〜4時まで(90分)
場所:TEK事務所(西新宿ダイカンプラザA館419号)
会費:300円
世話役:山崎町子(090-6312−2038)・山口喜代子(090-5210−8367)

v
 
 
 
2010.10.19 -予定
EUの思想的基礎を作った人(2) ハインリッヒ・クーデンホーフ・カレルギー伯爵 : 久場 俊男
デンマークと北欧諸国  
第十回(2010.06.15)
最初の世界帝国を作った人ーチンギス・ハン 山ア町子
カナダの先住民についてーキューバ大会にちなみ 大庭篤夫
第九回(2010.05.18)
モンゴルについてー 山ア町子
カナダの簡単な歴史ーキューバ大会にちなみ 大庭篤夫
第八回(2010.04.20)
モンゴルについてー 山ア町子
キューバなどをめぐるイギリスとスペインの争いーキューバ大会にちなみ 大庭篤夫
第七回(2010.03.16)
モンゴルの年中行事(2)を中心して 山ア町子
韓国と儒教:ソウル訪問にtなみ 大庭篤夫
第六回(2010.02.16)
モンゴルの年中行事ー旧正月を中心して 山ア町子
砂糖と奴隷制度−キューバ大会にちなみ 大庭篤夫
第五回(2010.01.19)
モンゴルの首都ウランバートルについて 山ア町子
グローバル化はどのような影響を我々の生活に与えたか 大庭篤夫
第四回(2009.12.15)
お豆腐料理とポーランド人とユダヤ人に対する微妙な感情 久場
”長谷川テル”の本 桜井
夜の職場の忘年会について 山口
モンゴル語について 山ア町子
2009年に起こった事件について 大庭篤夫
第三回(2009.11.17)
音楽家フレデリック・メンデルセゾーンの祖父モーセス 大庭篤夫
モンゴルの民族衣装 山ア町子
第二回(2009.10.20)
自由発言 高鹿・上農・桜井・山口
モンゴルの料理について 山ア町子
プロテスタンティシズム 大庭篤夫
第一回(2009.9.15)
モンゴル国について 山ア町子
東欧の文化とギリシャ正教について 大庭篤夫
ビアリストックUKに参加して 久場・高鹿
その他  


前のページに戻る