telefono

Tokia Esperanto-Klubo
(TEK)

Daikan Plaza A-419 7-1-7 Nishishinjuku Shinjukuku Tokyo 160-0023 
Japanio
tel: +81-3-3364-4957


東京エスペラントクラブ(TEK)
160-0023
東京都新宿区西新宿
7−1−7
ダイカンプラザA419
電話 03-3364-5443

e-mail

   

 

 

 

第6回アジアエスペラント大会・モンゴル
----- Azia Harmoniiĝo per Esperanto -----

 第6回アジアエスペラント大会が2010年6月19日から23日まで、モンゴルのウランバートルで開催された。アフリカ大陸をのぞく世界33ケ国から250名のエスペランチストが参加した。参加者では日本が一番多く75名であり、次いでモンゴル、中国、フランス、韓国と順位が続く。アジアからは、パングラディシュ、スリランカ、フィリピンからも参加があった。
この大会を機に、アジアにエスペラントは普及するか、を考えてみたい。

 ―アジアにエスペラントは普及するかを考える―
大庭 篤夫(東京)

 6月19日から23日までモンゴルのウランバートルで行われたアジア・エスペラント大会に参加して、モンゴルはもちろん、バングラディシュ、スリランカ、フィリピンからも参加があり、アジアにエスペラントが普及するかどうか考えてみた。TEKの「スーノパツィフィーカ」は7月号で283号になるが第1号は1987年のエスペラント100周年の1ヶ月前に発行された。「スーノパツィフィーカ」という名前は、1987年はエスペラントが発表されて2世紀目に入り。エスペラントがヨーロッパ中心の普及からアジア諸国にも普及することを願って名づけられたのである。

1. 20世紀の前半のアジア諸国

 20世紀の前半のアジア諸国はほとんどがヨーロッパやアメリカの植民地であった。わずかにタイと日本が独立国であった。エスペラントは大正デモクラシーの時代に盛んになった。戦前の日本のエスペランチストは日本エスペラント学会という組織、土地と建物、機関紙の発行、辞書などのエスペラントの書物や資料、日本大会などの運営などの組織能力を蓄積し、残した。現在、過去の土地をもとに会館があり、他のアジア諸国に比較して恵まれた状況にある。
(10ページに続く)
(3ページより)

2. 20世紀後半のアジア諸国

 日本が第2次世界大戦で負け、植民地だったアジア諸国は独立した。したがって自由にエスペラントの活動をする条件は整った。しかし独立は達成したが国家の運営、経済や文化活動を盛んにするためのノウハウはなかなか蓄積されず、簡単にアジア諸国の人々の生活は、改善されなかった。

3. 日本モデルとそれに続くアジアの4つの竜

 1955年保守合同により自由民主党が誕生し、また左右の社会党が合同し、政治体制が安定した。そして1955年から第1次石油危機の1973年まで、経済が連続して毎年10%伸びる高度成長の時代を迎えた。このときの中間時点の1965年東京で第50回世界エスペラント大会が開催された。外国人の間では日本の世界エスペラント大会は非常によく組織されていると評価された。
1960年に日米安保条約が締結され、冷戦下で日本は経済成長にその力を傾注した。池田内閣が発足し月給2倍論が計画された。すなわち1960年から1970年までに日本人の所得を倍にしようという事である。このためには年率7%でよいが結果として10%成長したので日本のGDPは1968年に西ドイツを抜いて世界第2位となり、1970年までには1960年と比べてほぼ3倍の所得となった。アジアでは日本の経済成長に注目が集まった。アジアの4つの竜といわれる、韓国、台湾、香港、シンガポールが日本に続き、経済特区などを設立して外資導入につとめ、画期的な経済成長を実現した。

4. 石油危機にと円高に打ち勝った日本
 
日本の年率10%の経済成長は1973年の石油危機により、年率5%へと減速した。欧米諸国は、日本は石油資源がぜんぜんなく石油の価格が1バーレル3ドルからまず5ドルにそして74年1月より約12ドルに値上がりしたため、日本経済は経済成長がストップすると思われた。しかし日本企業は省エネ、省空間、新しいアイディアによってこの危機乗り切った。むしろ日本企業の競争力は強くなった。例えばトヨタやホンダは燃費が良く、低価格の小型車を開発してアメリカで発売したため世界一の自動車王国アメリカの自動車会社は経営危機に陥った。そのため自主的に輸出規制をした。この時期に電気機器、工作機械なども日本企業が圧倒的な力を持つようになった。日本の輸出の強い力を抑えるために、1985年プラザ会議が開かれ円高の合意がなされた。プラザ合意からエスペラント発表100周年の1987年までに1ドル約240円から1ドル120円となった。このために日本の輸出は壊滅すると思われたがなんとか克服した。しかし土地や株式が高騰しバブル経済となった。日本経済は繁栄を続けると思われていたが1989年には1月に昭和天皇が逝去し、ポーランドから東欧改革が始まり社会主義体制が崩壊する。また中国では天安門事件がおこる。次号でアセアンや中国、インド、ヴェトナムなどで新たに市場経済化が始まり、アメリカは金融を中心とした経済によって日本の停滞に反して大きな繁栄を楽しんだこと、その後サブプライムローンによって世界経済が危機に陥ったこと、しかし現在、元気なアジア諸国を中心に経済が回復に向かうかと思われたが、ギリシャ危機が発生して暗い影を落としていることなどを述べ、アジアへのエスペラントの普及について考えたい。

 

 

企画:TEK(Tokia Esperanto-Klubo)、日本エスペラント普及センター
旅行手配:(株)グローバルコミュニケーショントラベル
(略称:GCトラベル(東京都知事登録旅行業3-3969号)
電話:03-3364-4963
10:0018:00/12:0013:00を除く)
    FAX:03−3364−0504(24時間)
E-mail: esp@gctravel.co.jp

〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-1-7ダイカンプラザA館722号
一般旅行業務取扱主任者:大場滋子