TEK 東京エスペラントクラブ とは?

世界中の人と等しくコミュニケーションを取れる未来を実現するために
世界語エスペラントを幅広く知ってらう為活動をしている。
TEKでは大きく3つの活動に取り組んでおります。

東京に3つの支部を持ち各支部にてエスペラント語の勉強会を行っており、勉強会は会話が中心で 参加者は短期間でエスペラントを習得できます。
学習についての詳細
ハプスブルク帝国の中心地ウィーン、かつてスロヴァキアと同じ国だったチェコの首都プラハをめぐります。
1996年にはプラハで世界大会が行われ約3000人の多くの人が参加しました。
旅行についての詳細
TEKでは定期的に外国人エスペランティストとの会話の場を設けています。
毎回参加者とテーマを決め、まず参加者が一時間ほどテーマに沿ってエスペラント語で話をした後、参加者が質問をする形式で行っています。
会合についての詳細

エスペラント 世界共通言語 とは?

「エスペラント」は、1887年にポーランドのユダヤ人眼科医ザメンホフが提案した国際共通語です。
単語の要素を主にヨーロッパ諸語から取り入れながら、造語法と文法が整理されているので、
他の言語に比べてはるかに容易に修得することができます。
エスペラント 使用者(エスペランティスト)は現在世界中で100万人を超えるといわれています。

エスペラント3つの特徴

国際性

地球上には3000以上の言語があると言われています。「エスペラント」は、民族の言語や文化をその歴史的遺産として尊重し、大切にすると同時に、それぞれの言語や文化の違いを越えて人々がコミュニケーションできるようにするために橋渡しの役目を果たすことを目的としている言語なのです。

学習が容易

「エスペラント」の最大の特徴は、完全に例外のない文法規則にあります。これによって、外国語学習の苦労・労力が最小限におさえられるので、世界中の人々が簡単に習得出来、お互いのコミュニケーションが簡単に図れるというものです。

中立性

エスペラントは人工言語であるため、公式にはどの自然言語とも類縁関係にないとされている。どの国の言語でもないため言語による民族感情に左右されず、特定の民族に有利になったり不利になったりしないため、だれでも使用の恩恵を受けられると言われている。
Wikipedia エスペラント 参照

Why dont you Join as?