ザメンホフ公園をヴィヤリストックに
―エスペランチストの熱意と努力が時代を動かす―
ポーランドは1795年から1918年まで、ロシア、ドイツ、オーストリアの三国に侵略されて亡国となった。しかし1918年には再び独立国となった。ザメンホフは1917年に亡くなったのでポーランドの独立という晴れ姿を見ることはなかった。エスペラントは1887年に発表されて2002年の今年は115年目である。ポーランドが侵略されてから123年後に独立を成し遂げたように、エスペラントがその発表から123年後に社会から強く認められるとしたら、その年は2010年となる。もちろんエスペランチストの熱意と粘り強い努力がなければ、それは実現しない。

写真:エスペラントの創始者 
ルドヴィコ・ラザロ・ザメンホフ

@

★ヴィヤリストックに「ザメンホフ公園」を
 TEKでは21世紀初頭の10年間をこのように考え、より一層知恵を絞り、エスペラントを社会から認知されるために尽力します。ポーランドは1989年に新し体制となりました。海外との交流などの自由は得られましたが、国家からの援助はなくなりました。ポーランド人がエスペラントに誇りを持ち、より活発にエスペラント運動を推進するよう世界のエスペランチストの熱い思いを伝えましょう。そのためにTEKでは、ヴィヤリストックにザメンホフ公園を作ることを計画しました。

★ワルシャワにエスペラント関連遺跡
 ワルシャワには、ラザロ・ルドヴィーコ・ザメンホフやその妻クララ、その父マルコや兄弟のお墓があります。またそれらの墓地の近くのバス停には「エスペラント」という名前が付いています。エスペラント通り、ザメンホフ通りもあります。ザメンホフがワルシャワで住んでいた家の跡には、ポーランド語とエスペラントでその事が説明してあります。しかし、エスペラントで説明があるのはわずかここだけです。ワルシャワには様々な記念碑があります。それにはポーランド語の説明があります。ポーランドはエスペラントの生誕地ですから、これらのそばにエスペラントの説明が少しでもあれば、とエスペランチストなら考えるのではないでしょうか。

@

patro edzino Klara
patrino
左上から:ザメンホフの父マルコ、母ソフィア、ルドヴィコ・ラロ・ザメンホフ、妻クララ

@

★ ヴィヤリストックをエスペラントの象徴の町に
 ワルシャワの他にザメンホフにちなむ場所は、彼の生誕地であるヴィヤリストックで。ヴィヤリストックは小さな町で、彼が子供の時に住んでいた家は現在建て替えられてアパートになっています。ここにもポーランド語とエスペラントでの説明のプレートが張ってあります。近くの小さな公園にザメンホフの彫像が立っていますがエスペラントの創始者としか説明がありません。まず手始めに、この彫像の側面かそばにエスペラントでザメンホフの説明文を付けたいとTEKでは考えています。これはヴィヤリストックの鉄道駅から徒歩20分位の場所にあります。大都市ワルシャワとは違い、ヴィヤリストックの市当局との接触は比較的容易でしょう。ワルシャワの若者エスペランチストのグループ、ヴァルソヴィーア ヴェントも、このTEKの計画には全面的に賛成しています。
 1987年のエスペラント発表100周年の時にザメンホフの生家を買い取る計画をヴィヤリストック市当局とUEAが協力して行おうとしましたが、1989年の体制の変革のため実現に至りませんでした。これと比較して、TEKの計画は小さなものですが、まずはザメンホフの説明文を彼の彫像に添付することから始めたいと思います。そこで、趣旨に賛成の方の寄付をお願い致します。一口1000円です。もしも寄付が多く集まれば、ザメンホフの妻、あるいは父母の胸像も建て、この公園を「ザメンホフ公園」にするように、ポーランドのエスペランチストと協力してヴィヤリストックの市当局に働きかけるつもりです。その際は、10口以上の寄付者の名前が載るように交渉するつもりです。
 
日本から始めて、順々にいろいろな国のエスペランチストにも計画への参加を呼びかけたいと思っています。今後も順次、計画の進行状況をお知らせしていきます。是非、寄付にご協力下さい

発起人
TEK(東京エスペラントクラブ)
ヴァルソヴィーア・ヴェント(ポーランド・ワルシャワ)

連絡先
東京エスペラントクラブ
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-1-7 ダイカンプラザA館419号
TEL 03-3364-5443,03-3364-4957
E-mail

@